PHOTOGRAPHIC LABORATORYl & RITZ BAR

650-0021 神戸市中央区三宮町3−9−7アシールビル3F



<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ひっそりと、、、

暗室の常連さんだけに始めている。
12時からですが、、、、終わりが見えない暗室作業なので 〜〜

しばらくは常連さんだけですが、7月よりレクチャー含めてのオープンをします。

| Ritz Director | DARKROOM | 21:51 | - | - |
今日はペンキ塗り

カウンター、テーブルの天板だけ黒っぽいペイントで塗る予定。

昨日は床面を塗りなおした。8年前に使ったペンキが余っていたのでいい具合に仕上がった。

| Ritz Director | DIARY | 01:14 | - | - |
暗室の怪しいカフェ?


昨日から工事がはじまりました。

予定よりかなり遅れましたが、6月中旬からのオープンとなります。
暗室の水洗中は暇なので、コーヒーやビールを飲みながら写真集を見ながら写真談義をしましょう。

5000冊近くある写真集を20冊ずつ週代わりに入れ替えてお見せする予定です。

ここは、あくまでも銀塩写真愛好家の場所ですので、、(笑)

| Ritz Director | DARKROOM | 06:51 | - | - |
暗室カフェ??





ギャラリー部分を改装。
4月中旬からのオープンを目指しています。

コーヒーやビールを飲みながら店主と怪しいカメラ談義ができる空間になります。

詳しくは、また後日発表します。

| Ritz Director | DARKROOM | 09:19 | - | - |
ギャラリー&カフェバー


1年半近くの闘病生活を終えて、やっと復活しました。
スタッフも出産、子育てでRITZはしばらく休んでおりました。

この4月から暗室のレンタルおよびレクチャーを再開いたします。

ギャラリー部分はカフェスタイルに変更して、写真集などをゆっくり見たり
写真、カメラ(フィルム)の話しができる憩いの場に変わります。


 
| Ritz Director | - | 09:18 | - | - |
RITZのシンボル


| Ritz Director | DIARY | 19:31 | - | - |
AVEDON AT WORK

th_download.php.jpg

こういうのって、ほのぼのとしていいですねぇ。
1960年代のアメリカ西部の撮影風景。
巨匠アヴェドンの髪が光で輝いていますねぇ。
| Ritz Director | - | 14:56 | - | - |
AVEDON

アヴェドンの仕事風景。 
彼はスタジオ撮影が主だったけれど、8X10を車に乗せて こうした外での撮影も多かった。

その日の天気をみて撮影に出かけたという。 うすぐもりがもっともネガの調子が良かったそうだ。 
スタジオの人工光よりも太陽の光のほうが自然ですからね。


| Ritz Director | DARKROOM | 14:46 | - | - |
暗室レクチャー

寒いですねぇ。
久しぶりにRITZの蔵から8X10を取り出して掃除しようと思う。
今日は午後から暗室のレクチャーがあったけれど、突然のキャンセルだ。3人組の学生さんなんだけど
当日のキャンセル。いったいどう思ってるんだろうねぇ。
申込金のシステムを考えないとね。3人のために希望していた子たちを断ったんだ。
元町の知り合いの貸しギャラリーのオーナーさんも、直前にキャンセルをくらったそうだ。
やはり学生さんだ。あまりにも責任感が無さ過ぎますね。

camera.jpg
| Ritz Director | - | 10:56 | - | - |
居酒屋その2



酔いつぶれても、このソファーはベッドにもなって重宝します。
沖縄から遊びにきた友人が、このギャラリー居酒屋を気に入ってくれて
そのまんま神戸に居座ってます。

| Ritz Director | - | 09:10 | - | - |

1/2 >>